2003.08.17

アイルランドはダブリン出身のThrillsのアルバム。

古臭い60年代の西海岸サウンドに少しだけ「現在」のテイストが加味され、なんとも爽やかでレイドバックな心身ともにデローンとリラックスしてしまうこのノリは「なんかもうどうでもいいじゃん~」という、ほどよい腰砕け加減が彼らの身上なのかな、と。

だけど決して、薄っぺらなコマーシャリズムの空虚さは感じさせないあたり、さすがモリッシーの前座を務め、Virginレコード今年のイチ押し!たるゆえんか。

なんてね、そういうゴタクは、もういらないよ、って気分になる。

相も変わらず冷夏の日本はぐずぐずの湿気た天気続きだけど、こんな気負いのない、カラリとした、素直な音楽を聴いていたら、なんとなーくスッキリしない私たちのココロも、軽くなってくるんじゃないかな。

Advertisements