2004.03.03

ぶつ切りの快と不快、これが第一印象。

ちょっとお洒落なフレンチテクノポップよ、なんてノリで聴かれちゃ困るね、というのがmellowの新作”perfect colors”

一聴すると軽ーい、しかし気が付くと何とも言えない微妙な不快感をがブツブツと顔を出し、はたまた超ベタな泥臭さが恥ずかしげもなくしゃしゃり出て、そして突然キラリ~ンと流石のセンスが見え隠れするという、ちょっと一体なんなのよ?という魅力に溢れた1枚。

1曲ごとの曲調が違うとかそんな次元ではなくて、ひとつの曲の中にその全てがあるというか、なんだかすこぶる居心地悪くなるような、だけどゾクゾクと変態的な快感に病み付きになってしまいそうな、そんな感じ。

もう少し暖かくなったらランチを持ってピクニック、芝生に寝そべってPerfect Colorを聴きながらトロトロとまどろんで過ごそう。うーん待ち遠しい。

Advertisements