2004.06.11

こだわりがない。囚われがない。なにものからも自由である印象。

音楽というのは、世界というのはこんなにも可能性があるのだ。そしてそれは思っていたほど難しいもんじゃなくて、まだ私達は希望を持っていいみたいだ。

そんな簡単なことになんで気がつかなかったのかな?

Modest Mouseを聴いてたらそんな思いが押し寄せて小雨の中自転車に乗ったまま不覚にも涙を落とした。

Talking Heads, Pixies, Band of Holy Joyこのあたりを思い起こしたけど、それは過去の模倣ではなく、選択されたスタイルの1部でしかない。

停滞するために後悔するために憐憫するために過去に縛られるのではなく、過去をも総括して現在の一歩をキチンと踏みしめておこう、と殊更にも思えるような、そんな勇気と暖かさをもらったかも。

とりあえず今のところ2004年のナンバーワンアルバム。

Advertisements