2005.08.18

Interpol
なんか軽―く流していた印象。殆んど2ndからの曲ばかりで、1stからはSay Hello to the Angels, Obstacle1, PDAくらい。昨年の単独公演時の凄みや崇高さが皆無、ガッカリ。

Mew
「いかにも」の映像流しワザにやられました、ツボど真ん中大命中です。純朴なMCもキュートだし。オセンチでキューッ、アーティでミューッ、しかも美形で漫画みたいだ。Am I Wry? No, Snow Brigade, Eight Flew Over…, Comforting Sound (後半の映像で涙でました)と新曲数曲。

Echo & the Bunnymen
貫禄増したのか、変わってないのか判んないけど、そこらのガキンチョとは一線画してんだぜオーラが全開。かなりカッコよかったっす。というか、私世代には感涙モノですね。若い世代には新鮮に映るんでしょうね。何に対して腹を立ててたのかは不明なマッカロク氏の激昂ぶりも、ファックやらシャイトやらのお言葉満載で非常に判りやすくて楽しめました。しかし日本くんだりまで来て20年前の曲を演奏するのって哀しくないのかな?

Ian Brown
モンキー、ゴーゴー!ローゼス時代の名曲も取り混ぜてモンキー、ウキーッ、超音痴。

Teenage Funclub
いやーもうTeenage Funclubってだけて万事これオーライ状態です、うれしゅうございます、感動です。しかし、スタジアムでのWeezerを見に行くため途中で退散しました。この日は「Teenage Funclub=>The La’s」コースか、もしくは「Weezer=>Oasis」コースか、という究極の選択を余儀なくされており、ワタクシ涙をのんで後者を選択したのでありました。

Weezer
超満員のスタジアム。アリーナ後方でチビの私はステージなどまったく見えず、暴れるしかなくて、でも名盤ブルーアルバムからの曲はなんだか涙が出てきそうで、日暮れの空と周囲の熱気と眩いライティングのコンビネーションが、「2005年夏のセンチメンタル」というタイトルで私の中にインプットされてるんだわ、ああ、この匂いとかね、などとボンヤリ思いながら、合唱。礼儀正しい気ぃ使いのオニイチャン達って感じで、好感もてました、こういうのを「お客様からお金を貰っている」ショービズ界の正しいプロ精神っていうのだ。見習えロッカー諸君。

Oasis
期待と興奮と熱気が充満するスタジアムは暑苦しくてもう無理!とスタンド席へ移動し、のんびりまったり上方からステージ観覧することに。4・50分くらいスタートが遅れたのは、メンバーが別ステージでのthe La’sを観ていたからとの情報、アハハ。「だったらワタシもthe La’sを観てからスタジアムに来ればよかった~!」とジタンダ踏んだ人1万人くらいいたと思います。
ともあれ、Oasis、ギャラガー弟の態度の悪さとギャラガー兄のイイヒト振りは期待どおり。「なんだよ、おらおら、のってこいよーお前ら」「ボンジュールざんすよ、ボンジュール」「ここにレズビアンいるかー?んならお家にレズビアンいる奴いるかー?」とかなんとか、意味判ったら憤慨するくらいの挑発的な態度もなんのその、やっぱり凄みやオーラがあるなぁと。でもギャラガー弟、態度でかいワリには歌唱力に説得力がなかった。歳とったのかな、体調悪いのかな、真面目にやってないのかな、とにかく声が出てなかったのは、プロとしてドウヨ?って気がした。
でもまあ、OasisってだけでOKという事実は確かにあって、両手を振って大合唱大会ってのは、気持ちがいいし変な宗教みたいな一体感がオーディエンスを支配していました。泣いてる人や寝てる人、みんなお疲れさま。

Advertisements