米国ポートランドの3ピースバンド。インディ系ガレージロックの正統派というか、その荒削りでストレートなベタさ加減は、ここまで突き抜けられちゃうと、むしろ清々しいくらい。

ついつい初期Weezerを思い起こしたあたり、こういう若―い勢いに任せた、せつないくらいの単純さは、それが“素”である限り、普遍的な魅了を放つんだなー、とか思った。

無論、そこに姑息な商業的意図がミエミエになると、とたんに安っぽい贋物に成り果てるのは言わずもがな。それを承知の上で、いや、だからこそ感じるこの刹那的なものは、音楽のジャンルを超えて、いつでも私たちの心を打つ、「純粋さの本質そのもの」なんじゃないかな。

・・・なんて書いてはみたものの、このバンド意外と芸暦長いことを知りました、あちゃー。

Now we can see
おえおうおお、おえおうおう、おえおうおおー (脳内リピート中)

Advertisements