いわゆるポスト・クラシカルという標本箱にポンと入れられるのでしょうか、アイスランド出身のOlafur Arnaldsの、エリック・サティ風のミニマルなピアノ曲集。

余分なものを取り去って、いちばん大事なものだけを取り出すと、こんな音が残るのかな?という印象。

あまりにも美しい旋律が胸を打ち、背筋に戦慄が走ったりもするので、情緒不安定なときは要注意。

Near Light
あー、昔はこんな生活だったなー、とホロリ・・・

これも聴いてね・・・名曲
Raein

Advertisements