元MIki MikaのコアメンバーJessica&Jennifer姉妹によって2011に結成されたBleachedのデビューアルバム。

肌理の粗いガレージロックの空気感と、どことなく懐かしいようなポップでキャッチ―な曲調が、普遍的なロックの楽しさをストレートに伝えてくれる良盤。

そこには、テクニックもルックスも、何も特別なものなんてなくて、奇をてらったり、何者かになろうとする必要もなしに、「だってさ、カッコイイもんはカッコイイしさ、気持ちイイもんは気持ちイイのよ、他に何が要るのよ?」とばかりに、フツーのとなりのオネーチャンが普段着のままバンドを組みました、って感じ。

限りなくフツーであることにオッケーを出す覚悟そのものが、彼女たちのカリスマ性なのかもしれないな、とか思いつつ、なんか無性に「ワタシもバンドやりたい~!」という気持ちになってくるから、あら不思議。

Advertisements