レトロでチープなエレポップに、サーフミュージックのテイストと、ニューウェイブのアバンギャルトな空気感が、印象的なフランスのバンドLa Famme
フランス南部のビアリッツで活動していたキーボードのMarlon MagnéeとギターのSacha Gotを中心に、女性リードシンガーのClémence Quélennec を始め沢山のメンバーが集まり、2010年にバンド名La Femmeとして初のEPをリリース。

2013年に発売したファーストアルバムPsycho Tropical Berlinは、翌2014年のフランス音楽大賞の「Album revelation」部門を受賞したそう。
適度におしゃれでクリエイティブ、ポップさとえげつなさの間のバランス感覚を意図的に見せない周到さが、ちょっとカッコイイ。
Si Un Jour

Nous Etions Deux

Sur La Planche 2013

Advertisements